スキーをする為にバスツアーに参加してみましょう

スキーをする為にバスツアーに参加してみましょう

冬の雪道も安心出来るバススキーツアー

冬山にスキーに出かけるには、自家用車を往復で7~8時間程度で運転する必要があるのですが、その運転をする必要が全く無いのがバスツアーです。スキーバスツアーは、12月から3月にかけてが一般的なシーズンとなっていて、土休日に催行される事はもちろんで、学生の利用が増える時期になると平日もツアーが行われています。

関東の都心からはどこに行ける?

関東地方の都心から行く事が出来るスキー場のエリアは、山梨・長野・新潟・群馬・栃木・福島などであり、積雪の多い白馬エリア・志賀高原エリア・越後湯沢付近にも行けます。日帰りで行く事が出来るツアーは、深夜発・早朝発から選択可能ですが、遠方スキー場に行きたい方は深夜発を選んでおく事がおすすめで、遠方であっても8時台のオープンから滑り始める事が出来ます。

入浴施設立ち寄りプランもおすすめ

一部のスキーバスツアーでは、帰りの道中で入浴施設に立ち寄れるスケジュールを採用しています。ツアーは、入浴施設に割安に利用出来るオプションを提供しているケースもあるので、お得に入りたい方は有効活用しましょう。お土産を買い忘れてしまった場合は、入浴後に売店で買っておく事をおすすめします。

レンタルもお得になっています

スキーで使うレンタルは、結構な金額になってしまう事が多々ありますが、スキーバスツアーは大幅に安く借りられる特典(通常の半額以下)が準備されています。最新のブランド品が格安で借りられる点や、カラーバリエーションが豊富なおしゃれウェアも着られるので、特に若い女性客にとっては大変うれしい特典と言えるでしょう。

スキーツアーで行く事が出来るスキー場は、機動力のあるゴンドラ・クワッドリフトが備わっている施設も多く、それらを使えば長距離が滑れて、たった1日で技術を上げる事が出来ます。