中古車を購入したい?ランニングコストを考えよう!

中古車を購入したい?ランニングコストを考えよう!

ランニングコストも考えて中古車を選ぼう

中古車を購入しようと考えるなら、車両の状態や値段だけを見るのではなく、ランニングコストも考えることをおすすめします。購入後に長く乗っていく予定ならば、できる限りランニングコストが低いものを選んだほうがよいでしょう。

リッターあたりの走行距離を確認しよう

自動車を運転する上で忘れてはいけないランニングコストは、やはりガソリン代といえるでしょう。リッターあたり10キロ未満の車種もあれば、20キロ以上走る車種もあるため、走る距離が増えれば増えるほど、支払わなければいけない金額が変化していきます。

もしも、ガソリン代を節約したいのなら、リッターあたりの走行距離をメーカーの公式サイトでチェックするとよいです。中古車販売店のスペック情報には乗っていない可能性もあるため、自分での確認をおすすめします。スマホでも簡単に調べられるので、販売店で気になる中古車を見つけたなら、車名で検索してみましょう。

値段を優先するかランニングコストを優先するか考える

サンデードライバーなどで、それほど運転する予定がないのなら、値段で選んでしまったほうがよいケースもあります。運転しなければ、ガソリン代がかかることもありませんし、パーツの劣化も遅くなるので整備費用もあまりかからないからです。

もしも、値段とランニングコストのどちらを優先すればよいか分からないなら、年間でどのくらいの距離を走る予定なのか計算してみましょう。仕事場や買い物をする場所への往復距離や回数などを考えて、しっかりと計算すれば、年間の走行距離を算出できます。その数値を見て、どちらを優先すべきかじっくりと考えれば、適切な中古車の選定が可能になります。

ボルボを仙台の営業所で買えばショールームで展示車を直接見る事もできるし、仙台の広い道を試乗する事ができます。