貸切バスを借りることで旅行代金を節約できる

貸切バスを借りることで旅行代金を節約できる

貸切バスを交通手段として使うメリット

国内旅行といった各種旅行や、空港までの交通手段の中で、大人数を乗せて移動する手段としては、貸切バスがあります。目的に向かう人数が10人以上の場合、複数の車に乗車する時と比較して、ガソリン代や高速道路料金などの交通費用を節約できるメリットを持っています。運転を旅行会社などの専門ドライバーに一任することもできることから、誰が運転をするかで悩むこともなくなります。

貸切バスを借りる場所と料金

貸切バスを借りるには、バス会社に直接交渉を行うか、パッケージツアーを企画している旅行会社に手配を依頼する方法があります。旅行の計画がすでに決まっており、移動手段が明確でない場合は、運行するバス会社に運転手を含めて依頼することになります。貸し切り料金とガソリン代、運転費用等が料金に含まれているため、旅行に関する費用を安く抑えることができます。旅行会社への依頼は、運転手などの手配はもちろんのこと、旅行に関する企画も任せることができます。パックツアーの扱いとなるため、旅行関係の費用はバスの手配と比べると高くなります。

貸切バスを依頼するときの注意点

バス会社への直接の依頼をする時については、いくつかの注意点があります。予約時期によってピークとなる時期から、オフの期間もあるため、旅行当日から換算して1ヶ月前が、予約のタイミングになります。旅行に関する行程や駐車場及び食事場所の確保など、運転に関すること以外の準備は、自分たちで行います。移動手段としてのバスとなる、マイクロバスを借りる場合は、「8トン限定なしの中型免許」以上を持っている人が旅行に参加できるかが重要となります。

貸切バスとは、毎朝通勤に使うようなバスと違い、会社または友人、観光など特定の団体だけで借りるバスのことを言います。